インフォトップ創業者・菅野一勢の現在と裏の顔とは?

菅野一勢の現在とは?

シンガポールにいながらグループ20社。サプリメント、化粧品販売、スクール運営、広告代理店、メディア運営、アフィリエイト事業、飲食店、プライベートジム、障害者の就労支援、グループホーム等々、様々なジャンルの事業を自動操縦をし、グループ年商は50億円を超える。

現在は20社のオーナー業のほか、バングラデシュで小学校ボランティア運営、若者の夢を叶えるための「世界一ふざけた夢の叶え方トークライブ」等々の社会貢献活動等もしている。

著書に『「他力本願」で金持ちになる人「自力本願」で貧乏になる人』( KKロングセラーズ)、
『世界一ふざけた夢の叶え方』『実践!世界一ふざけた夢の叶え方』( ともにフォレスト出版)などがある。

菅野一勢の経歴とは?

・1997年-個人事業主として神奈川県で東京電話代理店事業を始める。

・2000年-株式会社ホットラインを設立。代表取締役に就任。以前から始めていた東京電話代理店事業はNTT東日本一次代理店、NTTコミュニケーションズ一次代理店、日本テレコム一次代理店、KDDI一次代理店などの通信会社の総合商社となるがその後競合会社の参入が増え撤退。

・2001年-探偵業に参入し、探偵としての活動を始める。

2003年に探偵業の後にインフォビジネス業界に参入しビジネスを始める。

2005年よりインターネットでのコンサルティングサービスを開始。

2006年-情報起業が有名になってきた時には当時からこのビジネスに特化する決済システムがあまりないこともあり菅野一勢氏は情報起業家向けのEC決済システム会社インフォトップ[2]を創業。インフォトップは情報を販売する販売者とその商品を紹介するアフィリエイターと情報を購入したい購入者の3者が集まるASPである。

2015年-インフォトップを売却する。2015年3月2日にJASDAQ上場の株式会社アエリアは、株式会社インフォトップキャピタル(ITC)を株式交換によって100%子会社化すると発表しました

・2016年以降は講演者・セミナー講師をしながら若手の起業家の育成に励んでいる